Service

構造

いのちと財産を守る堅牢なフレームとフレキシビリティを生む自由な平面計画を両立させます

東日本大震災以降、BCP(事業継続計画 business continuity plan)の重要性が増しています。また、施設の用途によっては、地域の災害拠点として、被災者の受入れや救護活動の場としての役割も担います。建物に求められる災害時の「人命保護」と「機能の継続性」の2つを重視した堅牢な施設計画とします。

その堅牢さと共に、内部空間は社会のニーズの変化に柔軟に対応すべく多様な空間を可能とする構造計画をご提案します。

地震に強い建物をつくる

地震が多い我が国は、過去に被災した経験をもとに耐震技術の発展を遂げてきました。私たちは長い歴史に培われた豊富な経験と確かな技術により、お客様のニーズに合った地震に強い建物を目指します。建物は、地盤条件、用途、機能、形態、コストなど様々な条件によりひとつひとつ異なります。ひとつひとつの個性に合った構造計画をご提案します。

  • ・耐震構造(地震時に建物が揺れることにより地震に耐える構造)
    • 強度指向型:耐力壁等を設け建物を強固にすることで地震に耐える方法
    • 靱性指向型:建物が粘り強く大きく変形できることで地震の力を受け流す方法
  • ・制振構造(耐震構造に制振部材を付加し建物の揺れを制御する構造)
  • ・免震構造(建物と地盤とを免震装置により柔に繋ぎ揺れが建物に伝わりにくくする構造)
    • 天然ゴム系積層ゴム
    • 鉛プラグ挿入型積層ゴム
    • 高減衰積層ゴム
    • 弾性すべり支承
    • 転がり支承
    • オイルダンパー
    • 鋼製ダンパー

免震構造事例

松江赤十字病院

制振構造事例

千葉工業大学津田沼キャンパス

今ある建物を地震からまもる

新耐震設計法以前に建てられた建物に対して、耐震診断・耐震改修設計により建物の機能およびデザインを極力損なわずに、大切な資産である建物の再生を目指したご提案をします。

  • ・耐震診断(現状の建物耐力を算定し地震被害の程度を把握する方法)
    • 一次診断
    • 二次診断
    • 三次診断
  • ・耐震補強(壁やブレース等の補強部材を付加し建物耐力を補強する方法)
    • コンクリート壁補強
    • 鉄骨ブレース補強
    • 外付け枠組み補強
    • 柱梁せん断補強
    • 制振補強
  • ・免震レトロフィット(建物を免震化する補強方法)

免震レトロフィット事例

浜松医療センター

三越日本橋本店

三越日本橋本店 免震層

事業内容 へ戻る