静岡県立静岡がんセンター

第35回中部建築賞入選

医療

緑豊かなガーデンホスピタル

敷地は県東部の愛鷹山麓に位置し、富士・箱根・伊豆・駿河湾と四周の眺望に恵まれ、周辺も自然が残るすばらしい環境にあります。この立地を活かして建物の内外に庭園を取り込み、自然と一体となった「ガーデンホスピタル」の実現を目指しました。各施設は敷地高低差を利用して立体的に配置し、病院主玄関は2階となっています。南側に広がる庭園には造成前の谷を一部残して修景整備された調整池を設け、二層吹抜けの「陽だまりラウンジ」を介して庭園と外来空間との一体化を図りました。
緩和ケア病棟は軸線をずらして敷地南東の突出部に配慮し、本棟からの視線を遮ることでプライバシーと静穏な療養環境を確保しています。陽子線治療施設棟は建物ボリュームを抑えるために北側の丘陵部に半地下で計画しました。

建築主
静岡県
所在地
静岡県駿東郡長泉町
構造
鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造)
階数
地上11階 地下1階
延床面積
76,710㎡(本棟・緩和ケア病棟・陽子線治療施設)
竣工年月
2002年3月
病床
615床(うち緩和ケア50床)

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • 東京都立府中療育センター

  • 徳島県厚生農業協同組合連合...

  • 流山中央病院附属 泉リハビ...

  • 医療法人 博友会 友愛クリニ...