京都第二赤十字病院

医療

より迅速な救急体制の構築と
病院機能充実、環境改善を実現

既存の救命救急センターの狭隘化・老朽化に伴い、隣地に新棟が計画されました。救命救急センターは診察室4室、救急処置室2室、ショックルーム1室からなり、これと関連する部門を新棟に配置し、救急医療体制の更なる充実を図っています。
救急搬入患者の緊急診断を行えるように、救命救急センターと隣接して1階に放射線部を設けた。3階は手術部とし、4階にはICU・CCU・SCU(脳卒中集中治療室)を有する救急病棟を配し、それぞれの部門は専用の大型エレベータで直結しています。
5・6・7階は病棟となっており、病棟の中央にスタッフステーションを配し、看護動線の短縮を図っています。また、ライトコートを設け、廊下の突当りを開口部とすること等により、採光を取り入れた明るい病棟としました。
けやき並木の通りに面したデイルームはエレベーターホールと隣接させ、エレベーターホールにも採光を取り入れ、かつ空間的な広がりを感じさせる計画としています。

建築主
京都第二赤十字病院
所在地
京都府京都市上京区
構造
鉄骨鉄筋コンクリート造
階数
地上7階 地下2階
延床面積
17,111㎡
竣工年月
2006年10月
病床
680床

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • 東京都立府中療育センター

  • 徳島県厚生農業協同組合連合...

  • 流山中央病院附属 泉リハビ...

  • 医療法人 博友会 友愛クリニ...