千葉県立水郷小見川少年自然の家

教育研究・スポーツ / 文化・斎場 / ホテル・居住

「水」をモチーフイメージとした
研修・宿泊施設

水郷の街として知られる小見川に建設された、「水」をモチーフイメージとした定員300名の研修・宿泊施設です。
敷地の中央には、施設の核となるプラネタリウムを配し、その周りに川をモチーフにしたミニハーバーを設けました。ミニハーバーの外側には、宿泊研修棟・体験学習ゾーン・フィールドアスレチック・テントベース等を放射状に配置し、これらの空間は、ミニハ ーバーの循環水を利用した小川で結び、ジャブジャブ池と併せて一体感を持たせた計画としています。

建築主
千葉県教育委員会
所在地
千葉県香取市
構造
鉄筋コンクリート造(一部/鉄骨鉄筋コンクリート造)
階数
地上3階
延床面積
5,675㎡
竣工年月
1997年2月

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • 総合病院 国保旭中央病院 看...

  • 環境衛生科学研究所

  • 静岡県生活科学検査センター

  • 日本赤十字看護大学 さいたま...