諏訪赤十字病院

医療

諏訪湖に面する恵まれた環境を
生かした潤いの療養環境

南信地域の中核病院として「患者サービスの向上と高度医療の提供」を目指し、1999年移転・開院を迎えました。癒しの環境づくりに向け、恵まれた自然を院内に採りこむ空間づくりに心がけるとともに、地域冷暖房設備の導入など効率的・経済的な施設運営も実現しています。
温泉を利用した展望浴室や病棟デイルームから夏の諏訪湖花火大会を楽しむ患者さんの姿が見受けられ、ポケットパークや緩衝緑地とともに療養生活に潤いを与えています。

建築主
日本赤十字社
所在地
長野県諏訪市
構造
鉄骨鉄筋コンクリート造
階数
地上8階
延床面積
29,989㎡
竣工年月
1999年4月
病床
480床

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • 恩賜財団済生会 横浜市東部...

  • 東京都立府中療育センター

  • 徳島県厚生農業協同組合連合...

  • 流山中央病院附属 泉リハビ...