旭市庁舎

オフィス・庁舎

オンリーワンの庁舎

市民に親しまれ、愛されるオンリーワンの庁舎を目指しました。
旭市は九十九里平野の東端に位置し、市域のほとんどが平地で見渡す限りの水平線・地平線が旭市の風景を形作っています。建物のボリュームを低層・中層・高層と徐々にオフセットさせると共に、水平ラインを強調する二重庇を設けることで、風景に呼応する伸びやかでおおらかな”旭市らしい“外観としました。
建物は休日開放される待合ロビーや市民ホールを中心とした開かれた低層階、効率的に業務を行えるコンパクトな中層階、シンボルとなる造形的な高層階の3層にゾーニングを分け、それぞれ旭の大地・風景・天空をモチーフとして内装・外装計画を行い、来庁者がぬくもりや安らぎを感じられるよう、仕上材には自然素材を多用しています。
執務スペースは各階とも中央に集約することで、部署間の連携を高めると共に、窓口カウンターを外周側に配置することにより、来庁者が市の恵まれた風景を感じられることを意図しています。

建築主
旭市
所在地
千葉県旭市
構造
鉄骨造 一部鉄筋コンクリート造
階数
地上6階 地下1階
延床面積
12,821.49㎡
竣工年月
2021年3月
備考
『近代建築』2021年5月号掲載
撮影
エスエス東京

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • JA東京みどり本店・幸町支店

  • JAマインズ 狛江支店

  • 株式会社 楢崎製作所 本社

  • JA東京スマイル 奥戸支店