恩賜財団済生会 横浜市東部病院

医療

地域に信頼される公設民営病院

横浜市「中期政策プラン」に基づき、市東部地域として不足する医療機能を充足し、市民が安心できる医療提供体制を確保するため、神奈川県済生会がその事業主体となり整備を行ないました。
救命救急センターを中心として、16の疾患別診療センターで「常に一歩先の医療」を小児医療からがん・心疾患・脳血管疾患等まで総合的に展開しています。救命部門と連携する動線計画を重視し関連部門を隣接・近接させているほか、疾患別診療センター構想に基づき、内視鏡センターと消化器・呼吸器系外来、生理機能検査と循環器系外来もそれぞれ隣接に配置し、機能的で効率性の高い計画としています。
病棟は看護動線の短縮とステーションからの見通し確保のため軸線を45°振った形態とすることで、外観上も特徴的な形態となっています。廊下端部を談話コーナーとして採光を確保し、明るく開放的な療養環境となるよう配慮しました。

建築主
神奈川県済生会
所在地
神奈川県横浜市鶴見区
構造
鉄筋コンクリート造(免震構造)
階数
地上10階
延床面積
56,409㎡
竣工年月
2006年11月
病床
554床(うち重心44床)
備考
写真撮影:ミヤガワ

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • 東京都立府中療育センター

  • 徳島県厚生農業協同組合連合...

  • 流山中央病院附属 泉リハビ...

  • 医療法人 博友会 友愛クリニ...