沼尻産業株式会社 つくばゲートウェイ

生産・流通

ヒトと地域に寄り添う新たな物流センター

大手飲料メーカー専用センターとして、首都圏エリアの物流ネットワークの中心的役割を担う物流拠点の計画です。
モノを大切にするのはもちろんのこと、ヒトも大切にする物流センターをコンセプトとし「風土に調和した魅力ある施設」、「人を大切にした働きやすい施設」、「地域性を持つこの場所ならではの施設」を3本柱として新たな物流センターを目指しました。
敷地内は1WAYのトラック動線とし、利用者の安全性に配慮するとともに、保管庫ではシステム建築による大スパンの無柱空間、両面トラックバースを採用することで、入出荷の効率向上・機動力を確保しました。
事務所棟では「路地」と捉えた2層吹抜けの空間を中心に、事務所、保管庫、広場を配置した平面計画とし、路地にはハイサイドライトや坪庭を設けることで、空間に光や風が取り込まれる風土を生かした空間としました。また休憩室、パウダーコーナー、シャワールームを提供し、アメニティの充実を図っています。

建築主
沼尻産業株式会社
所在地
茨城県つくば市
構造
鉄骨造
階数
保管庫:地上1階、事務所:地上2階
延床面積
21,931.83㎡
竣工年月
2021年3月
備考
『近代建築』2022年2月号掲載
撮影
三浦写真工房(02,04,06,07)

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • 株式会社ヤヨイサンフーズ ...

  • 日軽パネルシステム エンジ...

  • 女川町地方卸売市場 荷捌場...

  • 日本ニューホランド株式会社 ...