Recruit

日頃の何気ないコミュニケーションや
あらゆる物事に真摯に向き合う姿勢が大事

所属  :札幌事務所
入社年 :2013年
最終学歴:大学院 工学院 空間性能システム専攻

Q1. 入社の動機を教えてください。

中学生の頃に実家を新築したのですが、徐々に建物が出来上がっていく過程に非常に興奮した記憶があります。今振り返ると、その頃の記憶が建築に対する興味の芽生えだったのかなと感じます。
大学から大学院にかけては、建築を通じて地域の魅力づくりに貢献したいと考え、まちづくり・都市計画を専門分野として研究を行っていました。 ですので、規模や用途が限定されることがなく、多角的な視点で設計に取り組むことが出来ること、また長い歴史と伝統の中で積み重ねられてきた技術と経験を活かした提案ができる環境に魅力を感じ、横河設計を選びました。

Q2. 札幌事務所の雰囲気、印象をお聞かせください。

札幌事務所は、設計スタッフが比較的少人数であるため、自分の頭で考え物事を前進させていく能力が要求される場所だと思います。 能力があれば、早い段階でプロジェクトの担当者として、クライアントとの打合せから設計・現場監理まで携わることができます。ですので、自ずと責任の重さを感じる機会も多くなりますが、その分得るものの大きさも実感できるという魅力があります。 また、事務所内は若手でも自由な提案・発言をしやすいフラットな雰囲気があるので、些細なことでも気軽に相談できる相手がいることも魅力の一つかもしれません。
若手でも一設計者として、上司や先輩、クライアントと共に設計を進めていくことができるので非常にやりがいを感じられる環境だと感じます。

あかしや保育園

Q3. 入社当時から最近の仕事を教えてください。

入社して3年目になりますが、児童福祉施設、ショールーム、共同住宅、オフィスビル等、様々な用途の建物を計画段階から携わりました。 入社1年目では、木造平屋の約700m²の保育所を担当しましたが、知識と経験が乏しく、計画内容から納まりのディティールまであらゆることで判断に迷う場面の連続でした。 さらに、積雪・凍害対策や断熱性能の確保等、積雪寒冷地特有の課題についても、実務の難しさを痛感しました。何がわかっていないかもわからず、日々不安と格闘していましたが、上司や先輩の支えもあり、何とか無事に竣工することができました。
現在は、認定こども園と研修センターの現場を見ながら、オフィスビルの設計を進めています。

日本ニューホランド
苫小牧デポ ビジターセンター

ポピンズナーサリースクール札幌白石

Q4. 学生の皆さんへメッセージがあればお聞かせください。

建築設計の分野は、クライアントや事務所内のスタッフ、施工者、行政等様々な立場の方と協働しながら仕事をしていかなければなりません。 この人なら任せられる。この人のためであれば労力を惜しまない。そのような相互の信頼関係を築くことが、良い建物をつくるための必要条件だと思います。 そのためにも、日頃の何気ないコミュニケーションやあらゆる物事に真摯に向き合う姿勢を大事にしてください。
また、“自分が無知であるという意識を常に持ちなさい。”これは私が入社した当時の所長からいただいた言葉です。自分一人の知識のレンジは、たかが知れています。読書や旅を通して未知の世界を体験する。 わからないことに直面した時には、周りの信頼できる人に相談する。この「無知を自覚する」という至極基本的な姿勢を大切に、日々過ごしてください。

-ありがとうございました。

社員の声 一覧へ戻る