総合病院 国保旭中央病院

医療

高度急性期医療にふさわしい
機能を再構築

千葉県東部地域唯一の救命救急センターを有する総合病院です。医療ニーズの変化に対応する ため数次にわたる増築・改修を繰り返すなかで、各部門が分散し診療効率の点において改善が望まれる状況でした。今回の新本館建設においては、既存棟を含めた各棟の位置づけを明確にし、再構成するとともに『基幹災害医療センターとしての耐震性確保』、『救命救急を中心とする高度医療機能の再構成による機能性の向上』、『患者療養環境の充実』を目標に掲げ計画を進めました。
分散していた診療機能の大半を新本館に集約するとともに、既設1・2号館の外来部門との効率の良い連携を実現することで、患者さんやスタッフの精神的・肉体的負担が軽減され、「地域の要」として高度急性期医療にふさわしい施設が実現しました。

建築主
総合病院 国保旭中央病院
所在地
千葉県旭市
構造
鉄筋コンクリート・鉄骨造(免震構造)
階数
地上12階
延床面積
55,927㎡(全体106,328㎡)
竣工年月
2011年3月
病床
700床(全体989床)
撮影
株式会社タジマ(提供):1・3
エスエス東京:2・4・5・6
日暮雄一:7

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • 羽生総合病院

  • 社会医療法人 太秦病院

  • 静岡県立総合病院 先端医学棟

  • 小川赤十字病院