立川中央病院

医療

地域に密接し、
最大限の機能を発揮する医療施設

隣接する諏訪の森公園の緑豊かな環境を最大限に生かし、患者さんやスタッフにとって「癒しとゆとり」の医療環境を創設しています。日々進化する医療技術の活用を可能にし、10年・20年後を見据えた医療サービスが実現できる施設づくりを目指しました。さらに地域医療連携を重視し、地域のクリニック、関連大学との充実した医療ネットワークの構築を図り、地域の医療・保健・福祉の連携の要として活動できる施設としています。
道路を挟んだ南北の建物を道路上3階部分の上空通路と地下1階の連絡通路により機能的に結んでいます。限られた敷地条件内での建替計画となるため工事は3期に分け、一部既存改修も行いながら、地域を支える医療施設として機能を維持しながら建替えを行いました。

建築主
医療法人財団 立川中央病院
所在地
東京都立川市
構造
鉄筋コンクリート造
階数
地上4階 地下1階
延床面積
7,113㎡
竣工年月
2014年9月
病床
115床
撮影
SS東京

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • 羽生総合病院

  • 社会医療法人 太秦病院

  • 静岡県立総合病院 先端医学棟

  • 小川赤十字病院