社会医療法人鴻仁会 岡山中央病院

医療

患者アメニティの向上を目指し
細やかな配慮を施した空間

患者さんのストレスを和らげ、安心して治療を受けることができる施設を目指し、患者アメニティの向上を念頭においた計画を進めました。患者さんの診察・治療の段階により、ゾーニングを明確に分け、動線が交錯しない計画としています。治療待合空間は男女別々に設けゆとりある空間とするとともに、女性用待合にはパウダールームを設ける等、患者心理とプライバシーに配慮しました。また、スタッフエリアは集約配置し、動線の短縮と人員配置の効率化を実現しています。
患者さんのストレスや緊張をできる限り和らげるため、待合等の患者さんのための空間は自然光の入る、家庭的で温かな雰囲気とし、リニアック室には疑似窓等を設け、閉塞感を感じない施設づくりを心掛けました。

建築主
社会医療法人鴻仁会
所在地
岡山県岡山市北区
構造
鉄筋コンクリート造
階数
地上2階
延床面積
2,320㎡
竣工年月
2011年12月
病床
162床

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • 羽生総合病院

  • 社会医療法人 太秦病院

  • 静岡県立総合病院 先端医学棟

  • 小川赤十字病院