大森赤十字病院

医療

限りある敷地条件の中で、
質の高い医療を提供

高度化する医療ニーズに対応しうる質の高い医療を提供できる病院を目指し、病院の理念・基本方針に基づき、以下の基本方針により計画を進めました。
1.地域に密着した中核病院として信頼され、二次救急など質の高い医療を提供できる施設整備
2.患者さんの視点を重視して患者さんに満足されるとともに、スタッフが誇りを持って医療を提供できる職場環境整備
3.大規模災害時にも病院機能を維持して、広域的な医療と救護活動の拠点となる施設・設備
急性期に特化した病院として高度医療の提供を可能とするとともに救急の受け入れ態勢の充実、高機能手術室の整備等を行ないました。また、バリアフリーを徹底し誰にでも使いやすい「ユニバーサルデザイン」を基本に据えるとともに、患者さんの尊厳を守り、プライバシーに配慮した計画としています。

建築主
日本赤十字社東京都支部
所在地
東京都大田区
構造
鉄筋コンクリート造(免震構造)
階数
地上8階 地下2階
延床面積
24,076㎡
竣工年月
2011年12月
病床
344床

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • 羽生総合病院

  • 社会医療法人 太秦病院

  • 静岡県立総合病院 先端医学棟

  • 小川赤十字病院