ウオロク新潟総合物流センター

生産・流通

最新のシステムを採用した物流センター

近年の配送システムの高度化、迅速化に加え、安心安全な衛生管理、食品の多様化に対応すべく三温度帯(常温・定温・低温)の物流センターが計画されました。
各棟をトライアングル配置とし、連続性の高い効率的な 人・物 の動線を実現しました。1WAYのトラック動線による安全な計画とするとともに、積雪対策として潤沢な井水による消雪機能を備えて冬季のBCP機能の強化を図っています。
衛生管理として消毒インターロッキング方式を採用し、セキュリティ・衛生管理を個々の運用に任せるのではなく、合理的な空間構成による確実化を図りました。
周囲に広がる水田の四季の彩りをインテリアのコンセプトカラーとし、「水田」の青、「田植え」の緑、「実り」の黄、「耕耘期」の橙を常温棟の壁、低温棟の床に表現しました。無機質になりがちな倉庫内を、有機的で鮮麗な空間とし、内部のアメニティを向上させています。

建築主
株式会社 ウオロク
所在地
新潟県新潟市江南区
構造
鉄骨造
階数
地上2階
延床面積
25,140㎡
竣工年月
2016年3月
撮影
有限会社サタケ

作品紹介一覧へ戻る

類似プロジェクト

  • 女川町地方卸売市場 荷捌場...

  • 日本ニューホランド株式会社 ...

  • プリマハム株式会社茨城工場 ...

  • 石巻市水産物地方卸売市場 ...